セラロンの階段とカテドラル・メトロポリターナ

セラロンの階段

次に向かったのがセラロンの階段。たかが階段?と思うかもしれないけれど、ブラジルに来ることがあったら絶対に行ってみたかった場所。
というのは、大好きなアーティストのミュージックビデオで出てくるとってもクールな場所だったから。

 

この階段は、チリ人のアーティスト、Jorge Selaronのモザイク作品で覆われています。
そもそもは、彼が自宅前の階段をデコレーションしたのが始まりで、次第に人気が出てくると、このモザイクに魅了された世界中の旅行者が、タイルを送ってくるのだそう。
そういう理由から、タイル一つ一つを眺めてみても、それぞれ雰囲気があって面白いです。

 

しかし、この階段はとにかく臭い!!恐らく酒に酔った観光客のしわざだと思うのですが、鼻をつまんでしまうほど。腰掛けて写真を撮るのは勇気が要ります。
しかもこの階段周辺は、これといった観光施設があるわけではなく、かなり危険な感じのする場所でした。幸いドライバーが車で入れるギリギリ近くまで行ってくれたので良かったのですが、自分たちだけで行くのはかなり危ないような気がしました。

 

カテドラル・メトロポリターナ

ここへの訪問は、私たちの希望ではなく、ガイドか旅行会社が折り込んでくれました。
今まで見てきたリオの古い町並みとは打って変わって、近代的なエリアに移動してきました。近代的なオフィスが立ち並ぶ、リオのイメージとは外れた感じのエリアです。

 

そこに、現れた円錐形のモダンな建物。
有名な教会だと言うが、教会にはとてもみえないたたずまいです。
見た目も去ることながら、大きさもかなりのもの。2万人もの人を収容できると言うのだから驚きです。

 

一歩中に入ると、息を呑むほどのステンドグラスの美しさ。
四方から天井に向かって、色とりどりのステンドグラスの帯が伸びています。
教会内の写真を撮るのはあまり好きではないのですが、あまりの美しさに、記念に何枚かカメラに収めました。

 

 

その後、対照的な歴史的建造物である、リオデジャネイロ市立劇場に案内してもらう。パリのオペラ座をモデルにしたと言うその姿はなかなか見事でした。
この周辺もあまり安全とはいえない様子だったので、個人旅行だったら見ることが出来なかったかも知れません。

 

セラロンの階段とカテドラル・メトロポリターナ関連ページ

サンパウロからリオへ(TAM航空)とポンジアスーカル
サンパウロからリオへ(TAM航空)を利用した時の体験談とポンジアスーカルの風景
Siri Mole & Cia (レストラン・ムケッカ)とコルコバードの丘
ブラジル・リオの旅行記を掲載しています。Siri Mole & Cia (レストラン・ムケッカ)とコルコバードの丘について
コパカバーナパレスホテルとリオで一番美しい公園(Lage公園)
ブラジル・リオの旅行記を掲載しています。コパカバーナパレスホテルとリオで一番美しい公園(Lage公園)について
イパネマの娘誕生のお店とコパカバーナビーチ
ブラジル・リオの旅行記を掲載しています。イパネマの娘誕生のお店とコパカバーナビーチについて