海外でのインターネット(WiFi)接続方法

海外でのインターネット(Wi-Fi)接続方法

今のところこのサイトでは、海外用Wi-Fiのレンタルを薦めていますが、以下の方法も知っておきましょう。特にビジネスで海外へ出張される方で日本と連絡を取る回数が多い方は、複数の通信手段を確保されたほうが安心です。

 

ホテルでのWi-Fi

ホテル
ホテルを選ぶ際に部屋でインターネットができるかどうかを条件する人が増えているため、安いホテルでも無料または有料でWi-Fiまたは有線LANの利用ができるところが増えています。

 

ホテルの部屋でメールなどが利用できれば十分な方におすすめ。ちなみにWiFiが無料で利用できれば料金もかかることがありません。

 

ホテルではIDとパスワードをもらって接続する方法が一般的です。有線LANのみの環境ならアクセスポイントがおすすめ。

 

SIMフリーのルーターやスマートホンを持参して現地でプリペイド式SIMを購入する方法

SIMフリー
SIMフリーのルーターやスマートホンを持参して現地でプリペイド式SIMを購入する方法もあります。

 

ただ、料金プランなど理解するために英語または現地語を話せないと厳しいですし、場所によりルーターを渡せば設定までやってくれるようですが、設定も自分で行う必要があります。

 

この方法にする場合は、販売場所と料金体制を事前に調べておくとよいでしょう。この方法は、英語または現地語の必要になります。現地法人があれば、現地法人で契約してもらい、日本に保管する方法がおすすめです。

 

いろいろな国を周遊される方や長期滞在で通信費用が日本でルーターをレンタルするより安い場合は便利ですね。写真は、バンコクの空港カウンターで撮影したSIMカード販売店。

 

現地でスマホを購入

現地法人があり、通信料金が安い場合は、現地でスマホを購入してもらったり、現地でのインターネットの環境を用意してもらう方法がおすすめです。

 

iPassなど国際ローミング

YahooBBやBiglobeなど海外ローミングサービスで空港、ホテルなどでiPass経由で無線LANなどが利用できます。
従量制となるので使いすぎに注意が必要です。ただ、どの通信手段も使えなくなった場合、緊急用で用意しておくとよいでしょう。PCの場合はソフトをインストールする必要があります。

 

ソフトバンク:海外パケし放題サービス | au:海外ダブル定額 | ドコモ:海外パケホーダイ

パケ放題

 

海外パケし放題iPhoneなどスマートフォンを利用されている方におすすめ。料金は1日定額1980円から2980円。ただ、1日2980円かかると思った方がよいでしょう。料金は、日本時間が基準になります。

 

3社とも専用アプリがあるので、出発前にインストールしておくと良いでしょう。通話は適応外になりますが、その場合は、050plusなどのIP電話が便利です。

 

ルーターなど持参しなくてよいのでメールやアプリを使いたい場合に便利。料金は、海外用のWiFiルーターなどをレンタルしたほうが安いです。

 

上記5つの方法が現在利用できる主なサービスです。

 

インターネットが普及する前は出張のときは国際電話やFAXが主流でした。

 

インターネットがはじまり、WiFiまたは有線LANが普及する前はダイヤルアップで接続していましたが、国ごとにジャックが違ったため、接続ができないことが多く不便でした。

 

それに比べると現在は選択肢も増えて通信料金も個人で利用できるまで下がってきたので本当に便利になりましたね。