リマを経由してクスコへ|ウルバンバ(聖なる谷)

リマを経由してクスコへ

世界遺産マチュピチュへの旅。

 

たくさんの謎を秘める空中都市は、1911年にアメリカ人であるハイラム・ビンガム氏によって発見される。
それから100年余りが経つ現在も未だたくさんの謎に包まれており、世界中の旅行者を魅了する観光地。

 

リマはペルーの首都であり、世界遺産である歴史地区を見学するために一泊することも考えたが、予算と時間の都合上断念。

 

これから行くクスコやマチュピチュに比べたら、きっと物足りなさを感じるに違いないでしょう。
一日でも早くマチュピチュ遺跡に到着したいので、その日のうちにクスコまで足を伸ばすことになりました。

 

クスコに到着する少し前、機内から外の景色を眺める。
くねった濁流の川は、マチュピチュ近くを流れるウルバンバ川に似ており、空中からマチュピチュ遺跡が拝めないかと必死で探すが見つからない。

 

 

サンパウロから約10時間かかってようやくクスコに到着。
時間は経っているが、時差があるのでまだ夕刻です。

クスコからウルバンバ(聖なる谷)へ

クスコでは日本語を話すガイドが到着を待ち構えてくれていた。ガイドの案内でヴァンに乗り込み、一路、聖なる谷、ウルバンバへ。

 

クスコで宿泊するのが一般的かもしれないが、あえてクスコを通過したのには理由があって、それは高山病を避けるため。
この旅で一番標高が高いのが、ここ、クスコ。3600mなので富士山の山頂とほぼ同じ。

 

ここで初日の夜を迎えるのは体にとって負担が大きい。まして旅の疲れもあります。
高度に少しずつ体を慣らしていったほうがいいとアドバイスを受けたので、標高が2000m台まで下がるウルバンバまで一気に移動する計画を立てました。
道中、若干息苦しいものの想像していたよりはキツくはありませんでした。

 

ウルバンバのホテルに到着すると、フロントでコカ茶のサービスがありました。
コカ茶は高山病に効くとされています。さっそく頂いてチェックインを済ませました。
ホテルは南欧リゾートを思わせる作りでラグジュアリー。部屋も広くて清潔です。

 

 

夕食を取るために、ホテルのレストランへ。
旅行中はアルコールが楽しみの一つなのに、今回は高山病になりたくないのでパス。
体に優しいチキンスープを注文。味もサービスも最高で、ペルーでのこれからの食事が楽しみになりました。

 

リマを経由してクスコへ|ウルバンバ(聖なる谷)関連ページ

ウルバンバからオリャンタイタンボ、ビスタドームに乗ってマチュピチュへ
ペルー・マチュピチュ旅行記を掲載しています。ウルバンバからオリャンタイタンボ、ビスタドームに乗ってマチュピチュへ
サンクチュアリーロッジとマチュピチュ見学
ペルー・マチュピチュ旅行記を掲載しています。サンクチュアリーロッジとマチュピチュ見学
マチュピチュ駅周辺とウルバンバからクスコへ
ペルー・マチュピチュ旅行記を掲載しています。マチュピチュ駅周辺とウルバンバからクスコへ
クスコ周辺の遺跡見学とクスコ市街
ペルー・マチュピチュ旅行記を掲載しています。クスコ周辺の遺跡見学とクスコ市街